お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

3月14日はホワイトデー

2016年3月14日

ホワイトデーは、バレンタインデーに女性からチョコレートをもらった男性が、そのお返しにキャンディーやマシュマロやホワイト等のお菓子を女性へ贈る日です。

昔から、日本には「もらったら、お返しをする」という風習があり、バレンタインが日本に浸透する中で、お菓子業界がこの風習に目をつけ、「バレンタインのお返しをする日を正式に作ってはどうか」という案を出したのを受けて、飴菓子業界の全国組織である全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が、1978(昭和53)年6月の名古屋での総会において、全飴協ホワイトデー委員会を組織する決議採択が行われ、3月14日を「ホワイトデー」と定めて1980(昭和55)年からスタートしました。

   (お返しのお菓子のそれぞれの意味)

ホワイトデーに男性が女性に贈るお菓子にも、実はその種類によってそれぞれ意味があるそうです。

キャンディーは、口の中で長く楽しめるお菓子であることから、「あなたのことが好きです」という意味になるそうです。 義理チョコをもらった相手にそのお返しとしてキャンディーを贈ると、誤解を招くかもしれないので注意しましょう。

クッキーは、さくっとした歯応えが特徴なことからドライな関係を意味し、「友達でいましょう」という意味になるそうです。

マシュマロは、「あなたが嫌い」という意味になるそうですから、本命の彼女に贈らないように注意しましょう。


▲ページの
トップへ