お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

2月28日はビスケットの日

2016年2月28日

ビスケットは、小麦粉に牛乳・卵・砂糖・バターなどを加えて一定の形に焼いた洋菓子です。

江戸時代の末期に南蛮菓子の「ビスカウト」として平戸に伝えられたビスケットは、長崎周辺で外国人向けに限定して作られていましたが、そのビスケットの保存性の高さに注目した水戸藩から、医者の柴田方庵がその製法を調べるために長崎に留学し、そこでオランダ人から学んだビスケットの作り方を書いた「パン・ビスコイト製法書」を水戸藩の萩 信之助に送ったのが1855(安政2)年の今日(2月28)日でした。 そしてこれがビスケットの製法を記した日本初の文書とされています。

また、ビスケットの語源がラテン語で「2度焼かれたもの」という意味であることから、「に(2)どや(8)かれたもの」の語呂合わせも併せて、社団法人 全国ビスケット協会が1980(昭和55)年に2月28日を「ビスケットの日」という記念日に制定しました。


▲ページの
トップへ