お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

1月22日は飛行船の日

2016年1月22日

1916(大正5)年の今日(1月22日)、我が国初の国産飛行船である陸軍の「雄飛号」が、所沢~大阪間で実験飛行を行いました。

この雄飛号は、ドイツから1912(明治45)年6月に購入したバルセヴァル式飛行船を改修したもので、臨時軍用気球研究会が開発して1915(大正4)年4月に竣工した飛行船です。
雄飛号の主要諸元は、様式 : 軟式パルセバール、容積 : 1万立方メートル、重量 : 8トン、乗組人員 : 12名、最大航速 : 12時間、昇騰高 : 2.5km、最大航続時間 : 20時間

所沢を離陸した後、途中で中間点の豊橋に着陸して燃料補給を行い、大阪までの全所要時間は11時間34分でした。

この雄飛号の実験飛行を記念して、1月22日は「飛行船の日」となりました。


▲ページの
トップへ