お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

高齢者施設、面会制限を緩和…換気可能な別室や発熱なし条件!

2020年10月24日

厚生労働省は10月22日、新型コロナウイルス対策を検討する助言機関の会合で、高齢者施設の面会制限を緩和する条件を提示しました。新たな感染防止策として、家族らが面会する際は換気可能な別室で行うなど、具体的な注意点を挙げました。不必要な外出制限もしないよう施設側に求めており、高齢者の心身の機能低下を防ぐ狙いがあります。

政府は新型コロナの基本的対処方針で、施設での面会に関して「一時中止すべきだ」としていますが、最近は施設での大規模な感染者の発生は減っていることから、厚労省は面会を一律に中止するのではなく、地域の流行状況などを踏まえて管理者に制限の程度を判断してもらう方針に切り替えました。

制限緩和の考え方は15日付で自治体に通知した。面会時の注意点として、〈1〉入所者の部屋での面会を避ける〈2〉のどの痛みやせき、味覚障害などの症状がない〈3〉手指、飛沫が入所者の目や鼻などに触れない〈4〉同居家族に発熱やせきなどの症状がない〈5〉感染者との濃厚接触者でない――などを掲げました。また、施設での日常の感染対策として、職員が体調不良を申し出やすい環境作りや、換気の徹底を盛り込んでいます。


▲ページの
トップへ