お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月30日はマナーの日

2020年10月30日

ビジネスマナー、一般マナーなど、あらゆる場面において必要不可欠な「マナー」について見直し、生活に役立ててもらうことを目的にNPO法人・日本サービスマナー協会が、10月30日を「マナーの日」に制定しました。

日付は、同協会が設立されたのが2008年10月30日だったことから、この日になりました。

マナーとは、行儀・作法のことを指しますが、国や民族、文化、時代、宗教のさまざまな習慣によってマナーの形式が異なるので、ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることもあります。
例えば、「テーブルマナー」の場合、日本では食事の際に飯椀を持ち上げて食べることが一般的ですが、逆に皿を食卓に置いたまま箸や匙、フォークを用いるのが一般的とされる国もあります。

マナーの語源については、ラテン語の「手」という意味を持つ「マヌス(manus)」と言われていて、手は食事の際に使いますが、その手が相手に不快感を与えないための気配りや作法から、広く一般的な「マナー」という言葉の語源になりました。

マナーの主なものは、「ビジネスマナー」「テーブルマナー」「冠婚葬祭マナー」の3つがあります。


▲ページの
トップへ