お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月19日はレッカーの日

2020年10月19日

けん引技術の向上や人材の育成および人材の確保、災害支援活動などの社会貢献を果たしているレッカー業界のことをさらに多くの人に知ってもらおうと、レッカー事業やロードサービス事業などを行う事業者で構成された全日本高速道路レッカー事業協同組合(JHR)が、2020(令和2)年に10月19日を「レッカーの日」に制定しました。

日付は、レッカーとは「けん引」のことであり、「けん引」を英語にするとtowingとなるため10と19で「towing=トー(10)イング(19)」と読む語呂合わせです。

レッカー車は、他の自動車の前輪あるいは後輪を吊り上げ、牽引するための装置を持つ特種用途自動車で、故障車両や事故車両、駐車違反車両など、自走させることができない状態の自動車をその場から移動させるために使用されます。そのため、主に日本自動車連盟(JAF)のロードサービス隊、自動車修理業者、警察署から委託を受けた車両移動業者、警察、消防、自衛隊などが保有します。

他の自動車を牽引する車両ではあるが、一般的なレッカー車での牽引は法規上、牽引免許が必要となる「牽引自動車による重被牽引車の牽引」に該当しないため、牽引免許は不要で、普通免許で運転できます。 ただし、一部のレッカー車は中型自動車や大型自動車に分類されるため、運転するにはそれぞれの車両の分類に適合する免許が必要です。
また、クレーン装置やウインチ装置の操作には、玉掛作業者、移動式クレーン運転士、巻上げ機運転者の資格取得が必要です。


▲ページの
トップへ