お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

8月15日は終戦記念日

2020年8月15日

1945(昭和20)年8月14日の御前会議で昭和天皇の聖断により日本政府は米英中3国によるポツダム宣言を受諾することを決定し、翌15日の正午、NHKラジオの昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えられました。

その後、1945年9月2日には、東京湾横須賀沖に停泊していたアメリカ海軍の戦艦ミズーリの船上で降伏文書の調印式が行われ、日本側は、重光葵外相、梅津美治郎陸軍参謀総長が降伏文書に署名しました。

当時の内務省の発表によれば、太平洋戦争における日本の戦死者は約212万人、空襲による死者は約24万人でした。

戦争の誤りと惨禍を反省、平和を誓うため、1963(昭和38)年から毎年この日に天皇陛下・皇后陛下のご臨席のもと、政府主催による全国戦没者追悼式が行われ、正午から1分間黙とうが捧げられます。
また、1982(昭和57)年4月、有識者懇談会の意見を受けて、戦争を知らない世代に戦争の経験と平和の意義を伝えるため、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されました。


▲ページの
トップへ