お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

7月31日はビーチの日

2020年7月31日

海に囲まれた島国の日本は古来より海の恩恵を受けてきましたが、その海と陸の境目であるビーチ(砂浜)が通年で利用され、活性化につながるように、ビーチの大切さを多くの人に知ってもらおうと、特定非営利活動法人 日本ビーチ文化振興協会が7月31日を「ビーチの日」に制定しました。

日付は「波(73)がい(1)い」の語呂合わせです。

ビーチ(砂浜)は、波や風で動く砂、泥、貝殻、有機堆積物(植物遺骸)などの堆積物からなる水と陸との境界域です。

そして、ビーチは、基質である砂が固定しておらず、風や波によって変化する上、塩分、乾燥などの条件もあり、生物には暮しにくい環境であるため独特の生物相を持ち、特にウミガメの産卵は砂浜に限られます。
また、砂は風によって移動するので、海岸の後背地を保全するために防風林の造成が行われることがあります。他方、そのように表面が変形、移動しやすい環境ではあるが、人為的な攪乱はまた異なった影響を与えるため、日本では海岸法の改正により、2001(平成13)年から砂浜への車両の進入を原則禁止するなどの措置が採られています。


▲ページの
トップへ