お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

7月25日はうま味調味料の日

2020年7月25日

東京帝国大学(現・東京大学)の池田菊苗博士は、「滋養のある粗食を美味しくすることで栄養補給に貢献したい」との強い志から、昆布だしのうま味成分の研究を進め、グルタミン酸ナトリウムが「うま味」の本体であることをつきとめ、さらにこれを使いやすい調味料にすることに成功しました。
そして1908(明治41)年の今日(7月25日)、池田博士は「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得しました

このことを記念して、日本うま味調味料協会が7月25日を「うま味調味料の日」に制定しました。

「うま味」は、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」に続く5つ目の基本味として、池田菊苗博士が世界で初めて発見したもので、現在、この5つ目の味は「UMAMI」として世界中で共通の言葉として使われています。
そして、初めて登場したうま味調味料は、グルタミン酸ナトリウムを主成分として1909(明治42)年に発売された「味の素」で、100年以上経った今でも世界100か国以上で販売されています。


▲ページの
トップへ