お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

レジ袋有料化、対応割れた家電量販店 ビックカメラなどは無料継続!

2020年7月4日

7月1日に始まったプラスチック製レジ袋の有料化で家電量販店は対応が割れました。業界最大手のヤマダ電機を始め、エディオン、ケーズデンキなどは有料化しましたが、コジマやソフマップなどを含むビックカメラグループは無料配布を継続しています。

ヤマダ電機では、レジ袋のサイズによって3円から10円(大型)の価格を設定しました。エディオンは大きさに関わらず3円、ケーズデンキは5円もしくは10円(大型)です。
一方、ビックカメラは7月1日からグループ全店で有料化の対象外となるバイオマス素材配合のレジ袋に切り替えました。ただし、店内の掲示などでマイバッグの持参を促し、「接客時にレジ袋の要、不要を聞くなどマイバッグの活用をお願いする」(ビックカメラ)という姿勢は共通しています。

レジ袋の有料化は、環境保護を目的に「普段、何気なくもらっているレジ袋を有料とし、それが本当に必要かを考え、ライフスタイルを見直すきっかけとする」のが主旨で、レジ袋をすべて有料とするのではなく、(1)プラスチックフィルムの厚さが50μm以上のもの(繰り返し使える)や、(2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの、(3)バイオマス素材の配合率が25%以上のものなどは対象外となっています。大手スーパーやコンビニエンスストアチェーンはほぼ有料化しましたが、例えばコロナ禍でテイクアウトが急増した外食産業では、接客時間の削減や衛生面といった観点から有料化対象外のレジ袋に切り替えた店も多いです。


▲ページの
トップへ