お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

7月3日はオロナミンCの日

2020年7月3日

オロナミンCドリンクは「子供から大人まで、いつでもどこでも美味しく飲める炭酸栄養ドリンク」をコンセプトに、「元気ハツラツ!」というメッセージのもと、世代を超えて多くの方に愛され続けていますが、1965(昭和40)年2月の発売から2011(平成23)年5月に国内累計販売本数300億本を達成し、これからも日本中に「元気」をあふれさせたいとの思いから、大塚製薬株式会社が7月3日を「オロナミンCの日」に制定しました。

日付は「オロナ(7)ミ(3)ンC」の語呂合わせです。

オロナミンCドリンクは、大塚製薬が販売しているビタミンCをはじめとする各種ビタミンが入った炭酸栄養ドリンクで、イソロイシンなどの必須アミノ酸、ビタミンB2。ビタミンB6、及びビタミンCを含んでいます。
発売当初に、炭酸を含んでいるという理由により、当時の厚生省に医薬品としては認められないと判断されたため、法律の定めにより、本商品は健康の保持や増進に関わる効能や効果を表示したり、広告することはできませんが、その代わりに清涼飲料水という扱いになっていることから、発売時から薬品店以外での販売が可能となった点は、オロナミンCが普及する要因の一つとなりました。現在では、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの店頭、および大塚製薬の自動販売機でも販売されています。

ちなみに、オロナミンCという商品名は、大塚製薬の皮膚薬「オロナイン軟膏」の「オロナ」とビタミンCの「ミンC」を合わせたものです。


▲ページの
トップへ