お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

タクシー収入、京都8割減 石川なども7割超落ち込み 新型コロナで!

2020年5月21日

全国ハイヤー・タクシー連合会(東京)が19日までに実施した緊急調査によると、4月のタクシー会社の営業収入は、京都府で前年同月比79.9%減少したことが分かりました。石川や福岡なども7割以上のマイナスで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が、タクシー事業者の収入に大きな影響を与えていることが示されました。

4月は緊急事態宣言の発令による飲食店の営業自粛や企業の出張削減により、全都道府県で営業収入がマイナスで、北海道と宮崎を除く45都府県で半分以下に落ち込みました。

7割以上減少したのは京都府のほか、福井(75.5%減)、石川(74.6%減)、山梨(73.3%減)、山形(72.4%減)、福岡(71.2%減)の5県で、東京都は66.1%減でした。


▲ページの
トップへ