お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

5月22日はほじょ犬の日

2020年5月22日

2002(平成14)年の今日(5月22日)、身体障害者補助犬法が成立しましたが、このことにちなんで、同法の更なる認知度向上を目的に、神奈川県横浜市に本部を置く社会福祉法人 日本介助犬協会(JSDA)が5月22日を「ほじょ犬の日」に制定しました。

日本介助犬協会は一人でも多くの肢体不自由者が自立と社会参加を果たせるように、良質な介助犬の育成、高度な知識と技術を有する介助犬訓練者の養成などを行っています。

介助犬とは、手や足に障がいのある方の手助けをするために特別な訓練を積んだ犬のことをいい、肢体不自由者の手足となり、日常生活における動作の補助をします。また、盲導犬・聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬といいます。
そして、介助犬が行う主要8動作は、1.落ちた物を拾う 2.指示した物を持ってくる 3.緊急連絡手段の確保 4.ドアの開閉 5.衣服の脱衣補助 6.車いすの牽引 7.起立・歩行介助 8.スイッチ操作 ですが、他にも、使用者にあわせて必要なさまざまな動作をすることが可能です。


▲ページの
トップへ