お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

5月19日はセメントの日

2020年5月19日

1875(明治8)年の今日(5月19日)、日本で最初の官営セメント会社である官営深川セメント製造所にて、当時の工部省技術官の宇都宮三郎らが国産初のポルトランドセメントの製造に成功しましたが、このことを記念して5月19日は「セメントの日」に制定されました。

ちなみに、官営深川セメント製造所はその後、1884(明治17)年7月に民間に払い下げとなり、日本セメント(現在の太平洋セメント)となりました。

セメントとは、一般的には、水や液剤などにより水和や重合し硬化する粉体を指し、「ポルトランドセメント」・ポルトランドセメントを主体として混合材料を混ぜ合わせた「混合セメント」・その他の「特殊セメント」の3つに大別されます。

セメントの歴史は古く、古代エジプトのピラミッドにもモルタルとして使用されたセメント(気硬性セメント)が残っており、古代ギリシアや古代ローマの時代になると、凝灰岩の分解物を添加した水硬性セメントが水中工事や道路工事などに用いられるようになりました。
そして日本では、幕末の頃に高価なフランス製のポルトランドセメントを輸入したのが最初とされています。


▲ページの
トップへ