お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

5月8日は松の日

2020年5月8日

1981(昭和56)年の今日(5月8日)、「日本の松を守る会」の全国大会が初めて開催されました。
このことを記念して、日本の代表的な樹木である松をいつまでも大切に保護していくことを目的に、社団法人 日本の松の緑を守る会が1989(平成元)年に5月8日を「松の日」に制定しました。

松は、マツ科マツ属の常緑高木の総称で、赤道直下の熱帯・亜熱帯から、ロシアやカナダなどの北極圏まで、北半球の広い葉に分布しています。

ちなみに、松(マツ)の名前の由来は、(神を)待つ・(神を)祀る・(緑を)保つが転じてできたものであるなど諸説ありますが、(神を)待つから転じたという説が有力なようです。

東アジア圏では、冬でも青々とした葉を付ける松は不老長寿の象徴とされ、同じく冬でも青い竹、冬に花を咲かせる梅と合わせて中国では「歳寒三友」、日本では「松竹梅」と呼ばれおめでたい樹とされています。また、魔除けや神が降りてくる樹としても珍重され、正月に家の門に飾る門松には神を出迎えるという意味があるといいます。


▲ページの
トップへ