お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

2月25日は夕刊紙の日

2020年2月25日

1969(昭和44)年の今日(2月25日)、日本初の駅売り専門のタブロイド判夕刊紙として「夕刊フジ」が発行されました。
この「夕刊フジ」は、見出しにオレンジ色を採用したことから、❝オレンジ色のニクイ奴❞というキャッチコピーが創刊当初から付けられていました。

夕刊を専門に発行する新聞のことを夕刊紙といい、一般的には仕事から帰宅するサラリーマンを読者の対象としており、通勤電車の中でも紙面を広げやすいようにタブロイド判(小型サイズ)のものが多いです。

ちなみに、タブロイド判とは普通の新聞紙(スタンダード判)1ページの半分のサイズの新聞のことです。

現在の代表的な夕刊紙は、夕刊フジ・日刊ゲンダイ・東京スポーツの3紙です。
夕刊フジは産経新聞社が発行しており、「フジ」の名前は同じく産経系列のフジテレビが由来となっています。
また、記事の編集も仕事を終えた解放感にふさわしく、一般紙よりも柔らかな筆致で、政治、経済から事件事故、スポーツ、競馬、芸能まで幅広い話題を提供しています。


▲ページの
トップへ