お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

給付型奨学金の導入を先送り!

2016年5月14日

政府は、今月中にとりまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」で、大学生らを対象にした返済不要の「給付型奨学金」の創設について「課題を踏まえて検討を進める」と明記するにとどめ、導入を先送りする方針を固めました。

国の奨学金事業には有利子・無利子の「貸与型」しかありませんが、日本学生支援機構の奨学金制度を利用している学生は無利子の貸与型で約47万人、有利子の貸与型で約84万人に上り、大学生の2人に1人は何らかの奨学金を受けていることになります。

そして、非正規など不安定な雇用のため、経済的に困窮する若者が増加する背景もあり「給付型奨学金」の創設に対するニーズが高まっていましたが、対象範囲の線引きが難しいことや恒久的な財源が必要なこともあり、今回は判断を見送る方針になりました。


▲ページの
トップへ