お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

5月12日は海上保安の日

2016年5月12日

第2次世界大戦で日本が無条件降伏をし、海軍が解体されたことによって、日本近海の洋上治安維持能力は大きく損なわれることになりました。
そこでGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の指導により、アメリカの沿岸警備隊に倣い、日本国の沿岸水域における海上の安全確保、法律違反の予防・捜査・鎮圧等の海上保安業務を一元的に担当する文民組織の機関として、1948(昭和23)年5月1日に海上保安庁が発足し、同年5月12日に海上保安庁初代長官の大久保武雄の手により庁舎屋上に庁旗が掲揚され業務を開始しました。
このことを記念して、以後5月12日を「開庁記念日」としました。

そして、2000(平成12)年に海上保安庁では、当庁が地域の人々に親しまれ、当庁の役割や活動をより一層理解していただくために、これまでの「開庁記念日」を「海上保安の日」と改めました。

海上保安庁の主な任務は、海に関わる犯罪捜査・警備などの海の公安業務、海難救助・離島の急患搬送・船舶の消火、汚染防止など海の消防機関としての業務、海図の作成や潮流の測定など海の測量機関としての業務、灯台の設置や管理・航行支援システムなどの海の交通業務などです。
そしてこれらの業務を円滑に実施するために、海上保安官は海上保安法第31条、刑事訴訟法第190条により特別司法警察職員とされています。


▲ページの
トップへ