お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

<共通投票所>全20政令市 参院選で開設見送り!

2016年5月4日

4月6日に成立し6月19日から施行される改正公職選挙法で、有権者が投票しやすい環境を整えて投票率アップを図るために、自治体による共通投票所の設置や期日前投票の時間延長が可能になりましたが、今のところ全国の全20政令市が共通投票所の設置には消極的です。

共通投票所を設置する場合、学校などに置かれる通常の投票所との二重投票を防ぐため投票所間を専用回線で結び、有権者が投票済みかどうかの情報を共有する必要がありますが、このシステムの構築に多額の経費がかかるのがネックとなっています。

また、国は共通投票所の設置場所として大規模商業施設や駅構内を想定していますが、衆議院の解散といった急な選挙になると、自治体が設置を予定していた施設が他の催事との兼ね合いなどで使えない可能性があることも課題として挙がっています。


▲ページの
トップへ