お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

来年度から保育士の月給6000円アップ!

2016年4月28日

26日に首相官邸で開かれた「1億総活躍国民会議」(議長・安倍首相)で安部首相は、保育・介護分野の人材不足を解消するため、保育士の待遇改善について「新たに実質2%相当の給与引き上げを行うとともに、キャリアアップの仕組みを構築する」と述べ、賃上げに必要な経費を2017年度予算に盛り込む方針を表明しました。

保育士の賃上げは月額平均約6000円となり、政府はさらに技能・経験を積んだ保育士が着実に昇給する制度を導入し、ほかの業界との賃金差(5万円程度)の解消を図りたい考えです。

また、介護施設で働く職員の待遇についても「他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行う」と述べ、キャリアアップの仕組みを構築した介護事業者に税や保険料などを投入し、月額で約1万円程度引き上げる方針を明らかにしました。

保育士と介護人材の処遇改善にはそれぞれ1千億円、計2千億円程度が新たに必要と見込んでおり、恒久制度とするため平成29年度以降、当初予算で財源を確保する考えです。


▲ページの
トップへ