お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

マンション管理士とは

マンション管理士は、専門知識を持ってマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導・援助等のコンサルタント業務を行う者で、2001(平成13)年8月に施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション管理適正化法)」に基づいて創設された国家資格です。

我が国の分譲マンションの現状

2013(平成25)年に新たに着工された分譲マンションの戸数は約13万戸を数え、4年連続の増加となっています。このように、我が国のマンションストック戸数は毎年着実に増え続けており、今や約600万戸という状況にあります。また、マンションの居住者数は総人口の1割以上の約1450万人を超え、居住形態としてはますます定着してきています。

しかし、マンションストック数が増え続ける一方で、マンションの適切な維持管理の確保が課題となっています。マンションは建築から時間が経つほど、管理組合が直面する問題も多くなります。 現在、築30年を超えるマンションは約130万戸ですが、10年後にはその数が約264万戸、さらに20年後には約427万戸へと、今後急速に増加していくことが見込まれています。また昭和56年4月1日以前の旧耐震構造で建設されたマンションの耐震診断・耐震改修工事の実施なども大きな課題となってきています。

また、マンションでの永住意識が高まる一方で、管理組合活動への無関心化とともに居住者の高齢化が進んでいる中で、役員のなり手不足も課題となっており、専門家による支援がより重要となってきています。

以上のようなことから、マンションの適切な管理を行うには、管理組合の円滑な運営や大規模修繕工事の適切な実施などが必要不可欠であり、このため、マンション管理の専門家であるマンション管理士の必要性は高まっています。

▲ページの
トップへ