お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

小型船舶操縦免許の更新申請

「小型船舶」とは、総トン数20トン未満の船舶をいいます。

さらに総トン数20トン以上のプレジャーボートでも、以下の3つの要件を全て満たしている場合は小型船舶に含まれます。

1人で操縦を行う構造の船であるもの
長さが24メートル未満であるもの
スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの(漁船や旅客船等の業務に用いられないもの)

 

上記のような小型船舶を操縦するためには、小型船舶操縦士免許(操縦免許)が必要です。

ただし、以下の要件を満たす船の場合は、小型船舶に含まれないので、操縦免許は不要です。

ボートの長さが3メートル未満で、推進用エンジンが出力1.5kw未満(約2馬力)であるもの
推進用エンジンが付いていない総トン数5トン未満のヨット
推進用エンジンが付いていない手漕ぎボート

免許の区分

小型船舶操縦士免許は、1級小型船舶操縦士・2級小型船舶操縦士・特殊小型船舶操縦士の3種類に区分されます。

小型船舶操縦士免許の種類
1級小型船舶操縦士 内容 操縦免許のトップクラスで、この免許を持っていれば、ヨットなどで世界一周も可能です。

水上オートバイは操縦できません。

操縦できる水面 無制限
船の大きさ 総トン数20トン未満または長さが24メートル未満で用途がスポーツやレクリエーションに限られるもの
2級小型船舶操縦士 内容 沿岸のレジャーに最適。陸から近い場所でボートを楽しむ方に適しています。

水上オートバイは操縦できません。

操縦できる水面 海岸から5海里(約9km)までの海域です。
船の大きさ 1級と同じ
2級小型船舶操縦士湖川 内容 湖や川だけに利用できます。 小出力エンジンの船を利用し、湖や川だけで釣りなどを楽しむ方に適しています。

水上オートバイは操縦できません。

操縦できる水面 湖・川
船の大きさ 総トン数が5トン未満、エンジンの出力が15kw未満の船
特殊小型船舶操縦士 内容 水上オートバイ専用の免許ですので、ボートやヨットは操縦できません。

1級や2級を持っていても、この特殊を持っていなければ水上オートバイは操縦できません。

操縦できる水面 湖岸や海岸から2海里(約3.7km)
水上オートバイ

旅客船や遊漁船など人の運送する小型船舶の船長になろうとする場合は、小型船舶操縦士免許に加えて、特定操縦免許が必要となります。

操縦免許の更新・失効再交付申請

小型船舶操縦免許証には5年の有効期間があり、5年ごとに更新する必要があります。
更新手続きは、有効期限の1年前から行うことができます。

もし更新手続きをしないで有効期限が切れた場合は、その操縦免許証は失効してしまうので、小型船舶を操縦することができなくなります。

 

このような場合は、失効再交付講習を受講して地方運輸局等で操縦免許証の再交付を受ければ、小型船舶の操縦ができるようになります。

当事務所では、小型船舶操縦免許証の更新又は失効再交付の講習・申請の代行手続きを行っています。

手続きの流れ

まず講習の日時と会場をお決めいただいて、ご希望の受講日の10日前までに当事務所までご連絡ください。講習会の日程はこちら

1.打ち合わせ
講習日時と会場の確認、更新か失効再交付か、郵送していただく必要書類、金額などのご説明・ご確認をいたします。
2.当事務所へ必要書類を郵送してください

以下の書類を当事務所まで郵送して下さい

1 受講申込書 ダウンロード[PDF:69.3KB]
2 委任状 ダウンロード[PDF:100KB]
3 写真2枚(縦4.5cm・横3.5cm、最近6ヶ月以内に撮影したもので、顔正面・無帽・上半身・無背景のもの)
4 操縦免許証のコピー1枚

操縦免許証に記載されている内容(本籍の都道府県名・住所・氏名)に変更がある場合は、上記1~4に加えて以下の5の書類が必要です。

5 本籍記載の住民票

上記1の申込書や2の委任状のダウンロードができない場合は、ご要望により当事務所からご自宅へ郵送いたします。

3.下記の受講料及び代行手数料を指定の口座に振り込んで下さい
講習 身体検査料 講習受講料 収入印紙代 代行手数料 合計(税込)
更新講習 750円 3,450円 1,350円 4,450円 10,000円
失効講習 750円 8,250円 1,250円 4,750円 15,000円
【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。
4.当事務所が受講申込をします
郵送されてきた書類に不備がなければ、講習会への受講申込をします。
申込完了次第、当事務所よりお客様へご連絡させていただきます。

講習は予約制となっていますので、各講習会とも申込締め切り前であっても会場の定員に達した場合は締め切りとなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

5.お客様に講習を受講していただきます
  • 当日はまず身体検査を行ってから、更新講習又は失効再交付講習を行います。
  • 身体検査は、視力・聴力・視覚機能の障害および身体機能の障害の有無について行いますので、眼鏡や補聴器が必要な方は、当日必ずご持参してください。
  • ・更新講習にかかる時間は、講義とビデオ視聴で約60分です。
  • ・失効再交付講習にかかる時間は、講義とビデオ視聴で約140分です。
6.講習修了後に当方がお客様から更新申請に必要な書類をお預かりします
講習会会場で当方がお客様から、小型船舶操縦士身体検査証明書・講習修了証明書・小型船舶操縦免許証などをお預かりします。

7.当方が運輸局等で操縦免許証の更新申請をします
講習を受講したお客様からお預かりした更新講習修了証明書等の書類を持って、運輸局で更新申請又は再交付申請をします。

8.新しい小型船舶操縦免許証をご自宅へ郵送します
講習受講後、1週間~10日前後でご自宅へ書留郵便で郵送します。

操縦免許証を滅失又は毀損した場合の再交付申請

操縦免許証を滅失(紛失、盗難など)又は毀損(写真の変質、汚損など)した場合は、運輸局又は運輸支局で再交付の申請をすることができます。

更新申請や失効再交付申請と同時に申請することもできます。

当事務所では滅失・毀損した場合の再交付申請代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<当事務所に依頼される場合に必要な書類>

本籍記載の住民票1通(発行後3ヶ月以内のもの)
委任状 ダウンロード[PDF:100KB]
本人であることが確認できるもの※1
(例)自動車運転免許証やパスポートなどのコピー
写真1枚(縦4.5cm・横3.5cm、最近6ヶ月以内に撮影したもので、顔正面・無帽・上半身・無背景のもの)

上記2の委任状や5の滅失顛末書のダウンロードができない場合は、ご要望により当事務所からお客様のご自宅へ郵送いたします。

※1<小型船舶操縦免許証滅失時の本人確認書類>
A. 1点のみで本人の確認ができるもの
  • 自動車運転免許証
  • 海技免状
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 船員手帳
  • 外国人登録証明書
B. Aによっては確認を行うことができないとき、下記の2点をもって本人の確認を行うことができるもの
  • 健康保険の被保険者証
  • 船員保険の被保険者証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 国民年金手帳
  • 厚生年金保険に係る年金証書
  • 共済年金の証書
  • 国民健康保険の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 介護保険の被保険者証
  • 国民年金に係る年金証書
  • 船員保険に係る年金証書
  • 印鑑登録証明書

手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.打ち合わせ
操縦免許証が滅失したのか、毀損したのか、その状況をヒアリングし、当事務所に送っていただく必要書類や料金や手続きに要する日数等のご説明をします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、再交付の申請手続きに入ります。

3.必要書類を当事務所まで郵送してください
4.下記の合計金額を指定の口座に振り込んで下さい
収入印紙代 代行手数料 合計(税込)
1,250円 3,250円 4,500円

合計金額は、交通費・通信費・郵送費などの諸経費を全て含んだ金額です。

【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

書類が事務所に届きましたら、内容を確認して不備がなければ、入金されしだい運輸局又は運輸支局で手続きを行います。
もし、書類に不備があれば、ご連絡いたします。

5.手続きの完了
手続き完了後、受け取った新しい小型船舶操縦免許証をお客様宅まで書留郵便で郵送します。

操縦免許証の訂正申請

住所・氏名・本籍の都道府県名などに変更が生じた場合は、運輸局又は運輸支局で登録事項の訂正申請をすることが必要です。

更新申請や失効再交付申請と同時に申請することもできます。

当事務所では操縦免許証の訂正申請の代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<当事務所に依頼される場合に必要な書類>

写真1枚(縦4.5cm・横3.5cm、最近6ヶ月以内に撮影したもので、顔正面・無帽・上半身・無背景のもの)
住所・氏名の訂正の場合:住民票の写し
本籍の都道府県名の訂正の場合:本籍の記載のある住民票の写し、戸籍抄本など
委任状 ダウンロード[PDF:100KB]
小型船舶操縦免許証(コピー不可)

上記3の委任状や4の滅失顛末書のダウンロードができない場合は、ご要望により当事務所からお客様のご自宅へ郵送いたします。

手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.打ち合わせ
当事務所に送っていただく必要書類や料金や手続きに要する日数等のご説明をいたします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、操縦免許証の訂正申請の手続きに入ります。

3.必要書類を当事務所まで郵送してください
4.下記の合計金額を指定の口座に振り込んで下さい
収入印紙代 代行手数料 合計(税込)
1,250円 2,750円 4,000円

合計金額は、交通費・通信費・郵送費などの諸経費を全て含んだ金額です。

【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

 

書類が事務所に届きましたら、内容を確認して不備がなければ、入金されしだい運輸局又は運輸支局で手続きを行います。
もし、書類に不備があれば、ご連絡いたします。

5.手続きの完了
手続き完了後、受け取った新しい小型船舶操縦免許証をお客様宅まで書留郵便で郵送します。

▲ページの
トップへ