お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

軽自動車の登録手続

軽自動車の名義変更

軽自動車の売買や譲渡を行い、軽自動車の使用者または所有者に変更があった場合は、軽自動車検査協会で名義変更の手続きをしなければなりません。

名義変更(所有者又は使用者が変更になる場合)に必要な書類

必要書類 備考
1 自動車検査証 車検の有効期間のあるもの
2 自動車検査証記入申請書 OCRシート軽第1号様式  当事務所に用意しています

新・旧所有者、新使用者の押印が必要(認印可)
法人の場合は会社印を押印

3 △申請依頼書 代理人が申請する場合で、2の自動車検査証記入申請書に新・旧所有者、新使用者の押印がない場合に必要
申請依頼書のダウンロード[PDF:46.5KB]
4 使用者の住所を証する書面 (個人の場合)住民票又は印鑑証明書
(法人の場合)登記事項証明書又は印鑑証明書など
5 自動車損害賠償責任保険(弁済)証明書 譲渡人(旧所有者)のもの・譲受人(新所有者)のもの
発行後3ヶ月以内のもの
6 △ナンバープレート 以前の住所と同じ管轄であれば変更する必要はありません
7 軽自動車税申告書
8 △自動車取得税申告書 自動車取得税申告書は必要ない場合があります
注意事項

OCRシートや税申告書は、軽自動車検査協会に用意してあります。
管轄する軽自動車検査協会が変わった場合は、ナンバープレートが変更となりますので、ナンバープレートが必要です。
ただし、普通車とは違って軽自動車には封印がないので、車両を持ち込まなくてもナンバープレートを車からはずして書類と一緒に事務所に送っていただければ、申請手続きを代行いたします。

軽自動車の名義変更に必要な費用

  1. 移転登録手数料……無料
  2. ナンバープレート交付手数料(自動車登録番号の変更を伴うとき)
    普通ナンバー ペイント式1,480円
    希望ナンバー ペイント式4,200円
  3. 自動車取得税……車種によりかかる場合があります
  4. 代行報酬額……6,000円~ 別途消費税がかかります。

上記の料金は一般的な場合です。 諸状況によって異なります。

名義変更の手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.名義変更の手続きの流れや必要書類などを説明
ご希望の登録日や必要書類(住民票や申請依頼書など)がそろっているか等の確認が取れましたら、料金と手続きに要する日数のご説明をします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、名義変更手続きに入ります

3.必要書類やナンバープレートを当事務所まで送ってください
書類などが事務所に届きましたら、内容を確認して不備がなければ軽自動車検査協会で手続きを行います。
もし、書類に不備があれば、ご連絡いたします。
4.手続きの完了
手続き完了後、受け取った新しい車検証やナンバープレートなどをお客様宅まで書留郵便で郵送します。
書類到着後、同封されたご請求書を確認の上、7日以内に下記の指定口座にお振込みをお願いします。
【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

軽自動車の住所変更

引っ越しなどにより軽自動車の使用者の住所の変更があった場合には、新しい住所を管轄する軽自動車検査協会で住所変更の手続きをしなければなりません。

住所変更に必要な書類

必要書類 備考
1 自動車検査証 車検の有効期間のあるもの
2 自動車検査証記入申請書 OCRシート軽第1号様式  当事務所に用意しています

使用者の押印が必要(認印可) 使用者と所有者が異なる場合は、所有者の押印も必要
法人の場合は代表者印を押印

3 △申請依頼書 代理人が申請する場合で、2の自動車検査証記入申請書に使用者等の押印がない場合に必要
申請依頼書のダウンロード[PDF:46.5KB]
4 使用者の住所を証する書面 (個人の場合)住民票又は印鑑証明書
(法人の場合)登記事項証明書又は印鑑証明書など
5 △ナンバープレート 以前の住所と同じ管轄であれば変更する必要はありません
6 軽自動車税申告書
注意事項

OCRシートや税申告書は、軽自動車検査協会に用意してあります。

管轄する軽自動車検査協会が変わった場合は、ナンバープレートが変更となりますので、ナンバープレートが必要です。
ただし、普通車とは違って軽自動車には封印がないので、車両を持ち込まなくてもナンバープレートを車からはずして書類と一緒に事務所に送っていただければ、申請手続きを代行いたします。

軽自動車の住所変更に必要な法定費用

  1. 申請手数料……無料
  2. ナンバープレート交付手数料(自動車登録番号の変更を伴うとき)
    普通ナンバー ペイント式1,480円
    希望ナンバー ペイント式4,200円

    ※ナンバー変更が必要ない場合、ナンバープレート交付手数料は不要です。

  3. 代行報酬額……6,000円~ 別途消費税がかかります。

住所変更の手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.住所変更の手続きの流れや必要書類などを説明
ご希望の登録日や必要書類(住民票や申請依頼書など)がそろっているか等の確認が取れましたら、料金と手続きに要する日数のご説明をします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、住所変更手続きに入ります

3.必要書類やナンバープレートを当事務所まで送ってください
書類などが事務所に届きましたら、内容を確認して不備がなければ軽自動車検査協会で手続きを行います。
もし、書類に不備があれば、ご連絡いたします。
4.手続きの完了
手続き完了後、受け取った新しい車検証やナンバープレートなどをお客様宅まで書留郵便で郵送します。
書類到着後、同封されたご請求書を確認の上、7日以内に下記の指定口座にお振込みをお願いします。
【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

自動車検査証返納届(一時使用中止)

軽自動車の使用を一時中止する場合には、自動車検査証返納届(一時使用中止)の手続きをすれば、軽自動車税を納める必要がなくなります。
軽自動車に乗らなくなった場合に一旦この手続きを行っても、再びその自動車に乗るようになったら新たに新規検査(中古車)を受けて登録することができます。

一時使用中止の手続きをするには、車検証とナンバープレートを返納する必要があります。

一時使用中止手続きに必要な書類

必要書類 備考
1 自動車検査証返納届出書(自動車検査証返納証明書交付申請書) OCRシート軽第4号様式  当事務所に用意しています

使用者の押印(認印可)又は署名が必要
使用者と所有者が異なる場合は、所有者の押印が必要
法人の場合は代表者印又は署名が必要

2 申請依頼書 1の申請書に使用者の押印がない場合に必要

1の申請書に押印があれば、申請依頼書は不要です

申請依頼書のダウンロード[PDF:46.5KB]

3 自動車検査証
4 ナンバープレート 紛失などによりナンバープレートが返納できない場合は、車両番号標未処分理由書が必要です
車両番号標未処分理由書のダウンロード[PDF:91.4KB]
5 軽自動車税申告書 税金の消滅手続きを行います

OCRシート・軽自動車税申告書は、軽自動車検査協会に用意してあります。

一時使用中止の手続きに必要な費用

  1. 自動車検査証返納証明書交付手数料……350円
  2. 代行報酬額……6,000円~ 別途消費税がかかります。

※自動車検査証返納証明書をお客様のご住所まで送付する場合は、送料が別途必要です。

軽自動車の一時使用中止の手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.手続きの流れを説明
車検証やナンバープレートなどがそろっているかを確認いたします。
状況の確認が済みましたら、手続きの流れや料金などをご説明いたします。

 

上記の際の説明でお客様にご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、一時使用中止の手続きに入ります。

3.必要書類とナンバープレートを当事務所まで送ってください
4.手続きを行います
書類とナンバープレートが事務所に届いたら、内容を確認して不備がなければ軽自動車検査協会で手続きを行います。
もし不備があれば、ご連絡をします。
5.手続きの完了
一時使用中止の手続き完了後、希望者には自動車検査証返納証明書が交付されます。
この書類をお客様宅まで簡易書留で郵送します。
不備がなければ、同封された請求書をご確認の上、7日以内に下記の指定口座にお振込みをお願いします。
【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします

自動車検査証の再交付手続き

車検証をなくしてしまった場合や車検証の文字が汚れて見えなくなってしまった場合は、自動車検査証再交付の手続きをして車検証の再発行をすることができます。

車検証の再交付に必要な書類

必要書類 備考
1 自動車検査証再交付申請書 OCRシート軽第3号様式  当事務所に用意しています

使用者の押印が必要(認印可)
法人の場合は代表者印を押印

OCRシートは、軽自動車検査協会に用意してあります。

車検証の再交付に必要な費用

  1. 申請手数料……300円
  2. 代行報酬額……4,000円~ 別途消費税がかかります。

新しい車検証をお客様のご住所まで送付する場合は、送料が別途必要です。

車検証再交付の手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.手続きの流れを説明
自動車登録番号(ナンバープレートの番号)、車検証に書かれていた使用者のお名前やご住所などを確認いたします。
状況の確認が済みましたら、手続きの流れや料金などをご説明いたします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、車検証再交付の手続きに入ります。

3.手続きを行います
当事務所で書類を作成し、管轄の軽自動車検査協会で手続きを行います。
4.手続きの完了
手続き完了後、受け取った新しい車検証をお客様宅まで書留郵便で郵送します。
車検証が届きましたら、不備などがないかご確認ください。
不備がなければ、同封された請求書をご確認の上、7日以内に下記の指定口座にお振込みをお願いします。
【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

検査標章(ステッカー)再交付手続き

軽自動車のフロントガラスに貼る検査標章(車検の有効期間のステッカー)を紛失・き損・汚損した場合やフロントガラスを交換したときなどは、申請により再交付をしてもらうことができます。

軽自動車の検査標章再交付に必要な書類

必 要 書 類 備  考
1 検査標章再交付申請書 OCRシート軽第3号様式  当事務所に用意しています

使用者が個人場合は認印又は署名が必要
使用者が法人の場合は代表者印又は署名が必要

2 自動車検査証 車検の有効期間のあるもの
3 △申請依頼書 代理人が申請する場合に必要
4 検査標章(ステッカー) 破損などでその一部が残っており提出できる場合には提出が必要

軽自動車の検査標章再交付に必要な法定費用

  1. 申請手数料……300円
  2. 代行報酬額……4,000円 別途消費税がかかります。

検査標章再交付の手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.打ち合わせ
当事務所に送っていただく必要書類や料金や手続きに要する日数等のご説明をします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、検査標章の再交付手続きの準備に入ります。

3.必要書類を当事務所まで郵送してください

以下の書類を当事務所まで郵送して下さい

必要書類 備考
自動車検査証
検査標章(ステッカー) 破損などでその一部が残っており提出できる場合

書類などが事務所に届きましたら、内容を確認して不備がなければ軽自動車検査協会で手続きを行います。
もし、書類に不備があれば、ご連絡いたします。

4.手続きの完了
手続き完了後、受け取った新しい検査標章(ステッカー)とお預かりした車検証をお客様宅まで簡易書留で郵送します。
書類到着後、同封されたご請求書を確認の上、7日以内に下記の指定口座にお振込みをお願いします。

【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

検査記録事項等証明書の交付手続き

軽自動車の車検証に記載されている内容の証明を受ける場合や過去の履歴(過去の所有者等)の証明を受ける場合は、検査記録事項等証明書の交付請求をすることができます。
この手続きは登録ナンバーに関係なく、最寄りの軽自動車検査協会で行うことができます。

検査記録事項等証明書には「現在証明書」と「詳細証明書」の2種類あります。

現在証明書 今現在の車検証の状態が記載されたもの
詳細証明書 新車で登録したところから現在までの履歴(過去の所有者や移転による登録変更や名義変更の有無など)が記載されたもの

検査記録事項等証明書の交付に必要な書類

必 要 書 類 備  考
1 検査記録事項等証明書交付請求書 OCRシート軽第3号様式  当事務所に用意しています

所有者が個人の場合は認印又は署名が必要
所有者が法人の場合は代表者印又は署名が必要
車両番号(ナンバープレートの全ての番号)と車体番号の下7桁を記入します
請求の事由(何のために必要なのか)を具体的に記入します

登録事項等証明書の交付に必要な法定費用

1.申請手数料……
現在証明書=300円
詳細証明書=1,000円

ただし、履歴が多い時は証明書の2枚目以降1枚ごとに300円の追加が必要

2.代行報酬額……
4,000円  別途消費税がかかります。

登録事項等証明書の交付手続きの流れ

1.お問い合わせ
まずはお電話またはメールで当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは無料です。

2.打ち合わせ
当事務所に送っていただく必要書類や料金や手続きに要する日数等のご説明をします。

 

上記の際の説明でご了解をいただけると正式なご依頼とさせていただき、登録事項等証明書の交付手続きの準備に入ります。

3.必要書類を当事務所まで郵送してください

以下の書類を当事務所まで郵送して下さい

必要書類 備考
自動車検査証のコピー

書類などが事務所に届きましたら、内容を確認して不備がなければ最寄りの軽自動車検査協会で手続きを行います。
もし、書類に不備があれば、ご連絡いたします。

4.手続きの完了
手続き完了後、受け取った登録事項等証明書をお客様宅まで簡易書留で郵送します。
書類到着後、同封されたご請求書を確認の上、7日以内に下記の指定口座にお振込みをお願いします。

【銀行名】三井住友銀行 梅田支店
【口座】普通預金 No.9024762
【口座名義】原田雅行(ハラダマサユキ)
  • 振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

軽自動車税の税額一覧

軽自動車税の年額(現行の税額)
軽自動車[四輪以上](自家用乗用) 7,200円
軽自動車[四輪以上](営業用乗用) 5,500円
軽自動車[四輪以上](自家用貨物) 4,000円
軽自動車[四輪以上](営業用貨物) 3,000円

平成27年4月1日以後に新規取得される自家用乗用車の軽自動車税は、現行の約1.5倍の税額となります(実際に納めるのは平成28年4月以降)。自家用貨物車・営業用乗用車・営業用貨物車は、現行の約1.25倍の税額となります。
また、最初の新規検査から13年を経過した軽自動車[四輪以上]は、平成28年以降さらに約1.2倍となります。

 

軽自動車税の年額(平成27年4月1日以降に新規取得された場合)
軽自動車[四輪以上](自家用乗用) 10,800円
軽自動車[四輪以上](営業用乗用) 6,900円
軽自動車[四輪以上](自家用貨物) 5,000円
軽自動車[四輪以上](営業用貨物) 3,800円
軽自動車税の年額(最初の新規検査から13年を経過した軽自動車)
軽自動車[四輪以上](自家用乗用) 12,900円
軽自動車[四輪以上](営業用乗用) 8,200円
軽自動車[四輪以上](自家用貨物) 6,000円
軽自動車[四輪以上](営業用貨物) 4,500円

軽自動車税は、毎年4月1日に届出がされていることを基準にその年の4月から翌年の3月分までを前納という形で課されます。年度の途中で軽自動車を取得した場合は翌年度から、また、年度の途中で廃車にした場合は、翌年度から税金が課されなくなりますが、普通車のように月割りによる還付の制度はありません。

▲ページの
トップへ