お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

改正行政不服審査法が1日から施行!

2016年4月1日

行政不服審査制度は、費用も時間も要する裁判以外の方法で国や自治体の処分を見直す唯一の制度ですが、改正行政不服審査法が4月1日から施行されることに伴い、政府や地方自治体が行った処分の取り消しや変更を求める行政不服審査制度が大きく変わります。

新制度では、不服申し立ての手続きを、これまでの異議申し立てと審査請求の原則2段階から、審査請求に一本化されます。
さらに、審査の公正性を高めるため、対象の行政処分に関与していない職員から選ぶ「審理員」が審査結果の基となる意見書を作成するほか、「行政不服審査会」などの有識者機関も新たに設置され、処分の見直しが認められなかった場合に、審理員らによる審査の妥当性をチェックします。

また、これまでは処分を受けてから「60日以内」に審査を請求しなければならなかったが、「3か月以内」に延長されることになったので、審査請求の利便性も向上することになります。


▲ページの
トップへ