お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

小規模保育所の定員拡大へ政府検討!

2016年3月26日

小規模保育所とは、昨年4月に始まった「子ども・子育て支援新制度」で新たに認可対象となった原則0~2歳の乳幼児を対象に預かる定員6~19人の認可保育施設のことです。認可保育所より小さい面積で設置できるため、空き店舗やマンションの一室を活用して短期間で整備できるので、土地や物件を確保しにくい都市部を中心に、待機児童の8割以上を占める0~2歳児の受け皿として整備が進められています。

この小規模保育所の定員の上限は19人ですが、認可保育施設などに入れない待機児童問題をめぐり、政府・与党は20人以上の子どもが入れるように規制を緩めることを検討しています。


▲ページの
トップへ