お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

11月14日はいい石の日

2020年11月14日

墓石で先祖を供養する文化、伝統を守ること、石組みで美しく趣のある庭を築くことなど、石を加工、配置する技術の巧みさをPRするために、山梨県石材加工業協同組合が1992(平成4)年に11月14日を「いい石の日」に制定しました。

日付は「いい(11)石(14)」の語呂合わせと、石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日であるこの日を「太子講」としていたことから、この日になりました。

石は、岩より小さく、砂よりも大きい、鉱物質のかたまりのことです。
そして、石は手に入りやすい硬い材料であり、人類最初の材料といわれているほど石と人間の関係は古く、信仰の対象として神社に祀られたり、美しく輝くものは宝石として愛されたり、古代では投石機などの武器としても使用されたり、狩猟や農耕に利用されたりするなど、古来から人間と関わってきました。


▲ページの
トップへ