お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

「悪質」排除狙い、内装や塗装業者を「格付け」…国交省HPで公表へ!

2020年11月5日

国土交通省は2021年度から、内装や塗装、電気、水道などを専門に行う中小・零細を中心とした工事業者を対象に、格付け制度を導入します。国交省のホームページ(HP)で公表し、利用者が工事を依頼する際の判断材料にしてもらうほか、悪質業者を排除する狙いがあります。

格付けするのは、建設技能者の人数や施工実績などの「施工能力」、建設業の許可年数や財務状況などの「基礎情報」、処分歴や社会保険加入状況などの「コンプライアンス」の3項目で、項目ごとに星印1~4個で評価します。
そして、国交省が作る指針などに基づき、希望した業者について内装や塗装などの各業界団体が格付けを行い、順次公表していきますす。 また、国交省は将来、公共工事の発注で格付けを活用することも検討しています。

現場で作業する2019年平均の建設技能労働者数は324万人と過去20年間で25%減りました。高齢化も進んでおり、55歳以上が35%程度を占める一方、29歳以下の若手は約1割にとどまっています。
現場の専門職が不足すると、計画通りに進まない工事が増える恐れがあるため、国交省は格付け制度の導入で業者の信頼度を高め、若い世代が就職先として選びやすくすることも目指しています。


▲ページの
トップへ