お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

ご当地グルメの誘客支援 「おうち外食」需要開拓―ローソン!

2020年10月30日

ローソンは10月28日、北海道から沖縄までご当地グルメを含む外食企業35社とのコラボ商品の取り扱いを始めたと発表しました。新型コロナウイルス感染を防ぐ自粛ムードで客足が減っている外食各社との連携を全国的に拡大し、誘客効果を高めるため、身近なロンへの来店増加につなげ、自宅でお店の味を楽しむ「おうち外食」需要を開拓します。

ご当地グルメは全国六つの地域ごとに順次発売します。来月中旬以降、老舗そばの竹老園東家総本店(北海道釧路市)が監修した「かしわそば」(530円)や、名古屋市が拠点の「がブリちきん。」監修の「スパイシーチキン弁当」(550円)などを売り出し、年末までに大阪の人気店「人類みな麺類」監修の「貝だし醤油ラーメン」や、岡山名物として知られる豚肉のかば焼き「ぶたかば重」、沖縄「BBQソースチキンプレート」をはじめ、500円台の価格を中心に各地域限定で店頭に並べる予定です。

さらに、全国約1万4500に上るローソン全店では11月3日から、チェーン店「幸楽苑」「串カツ田中」とコラボした空揚げやカツ丼を提供。東京・日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」や福島・喜多方ラーメンの人気店、坂内食堂の監修をはじめ20を超えるコラボ商品を取り扱います。


▲ページの
トップへ