お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

11月3日は高野豆腐の日

2020年11月3日

長野県長野市に事務局を置く全国凍豆腐工業協同組合連合会が、高野豆腐の名前を国内外に向けて発信することと、日本の食文化や和食について考えるきっかけの日にとの願いも込めて、2020年に11月3日を「高野豆腐の日」に制定しました。

日付は、新年まで残り58(こうや)日である11月3日としました。

高野豆腐は、豆腐を凍結・低温熟成させた後に乾燥させた保存食品で、一般的には木綿豆腐を冷凍したものが高野豆腐として広く認知されています。

高野豆腐の歴史については、高野山で木食応其によって製法が完成された凍り豆腐が、精進料理の1つとして全国に広まったものとされています。 また、東北地方にも凍み豆腐(しみどうふ)と呼ばれる同じ製法の保存食があり、こちらは戦国大名伊達政宗が、兵糧研究の末に開発したという伝説があります。

高野豆腐の名称は現在では全国に広まっていますが、もともとは関西圏で広く用いられていた名称で、江戸時代において高野山の土産物として珍重されたからとも言われています。江戸時代においては最も流通した物がその販売地、販売者の地名を冠することがあり、これもその1つです。

高野豆腐の健康機能性についてですが、高野豆腐は健康に良い食べ物であることは、長らくは漠然と認識されてきましたが、近年の研究によりレジスタントプロテインが多く含まれることが示され、科学的かつ具体的に健康機能性が明らかとなりつつあります。
ヒトを対象とした試験において、LDL低下、HDL上昇、食後中性脂肪上昇抑制など脂質代謝改善の効果が報告されていて、このことから生活習慣病、特に脳卒中や心筋梗塞などの予防に効果があるのではないかと考えられています。


▲ページの
トップへ