お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月31日はガスの記念日

2020年10月31日

1872(明治5)年の今日(10月31日)、横浜市の大江橋~馬車道・本町通りにかけて十数基のガス灯が日本で初めて点灯しました。

このことを記念して、日本ガス協会がガスの利便性や安全な使用法などをPRし、ガスの普及拡大を目指して、1972(昭和47)年に10月31日を「ガスの記念日」に制定しました。

ちなみに、ガス燈とは、ガスの炎を利用した灯りのことです。

1871(明治4)年、横浜駐在のドイツ領事がガス会社の設立を神奈川県に申請しましたが、県は権益が外国人の手に落ちることを嫌い、建設業や旅館業などを手広く営む高島嘉右衛門(たかしま・かえもん)に相談しました。
高島は準備会社である日本社中を結成、フランス人技師のアンリ・プレグランを招いて、1872年、横浜瓦斯会社を設立し、自前でガスを製造したのでした。

その後、ガス燈は文明開化の象徴として急速に普及、1874(明治7)年には東京・銀座通りに85基のガス燈が設けられ、銀座名物となりました。
最初、ガス燈の明かりは赤っぽい色をしていましたが、1886(明治9)年、オーストリアのウエルスバッハによってガスマントルが発明され、青白い光に変わり、従来よりも、はるかに明るくなりました。1890年代にはガス燈が行灯のかわりに室内でも使われるようになりました。


▲ページの
トップへ