お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月26日はきしめんの日

2020年10月26日

愛知県の名物「きしめん」をもっと多くの人に食べてもらおうと、愛知県名古屋市の愛知県製麺工業協同組合が2008(平成20)年に10月26日を「きしめんの日」に制定しました。

日付は食欲の秋である10月と、「きしめん」の特徴であるツルツル感を(ツ)2と(ル)6で表した26日の組み合わせからこの日になりました。

「きしめん」とは、幅が広く薄い日本の麺、ならびにその麺を使用した料理を指し、一般的なうどんとは形が異なり、平たい形状のうどんで、愛知県では「きしめん普及委員会」が発足するなど、愛知県の名物となっています。 一般的には茹でた麺に熱いつゆをかけ、油揚げや鶏肉などの具と共にかつお節やネギを入れて食べることが多いです。

この「きしめん」の歴史については、江戸時代の『東海道名所記』には三河(三河国)芋川の名物だとされており、『好色一代男』でも触れられています。 また、江戸時代後期には、江戸において「ひもかわ」と呼んでいたが、『守貞謾稿』において「ひもかわ」は芋川の訛りで、名古屋では「きしめん」と呼ぶと記述されています。

「きしめん」の語源については諸説あり、

・「原型は麺でなく碁石型だった故に、“碁子麺”が転じて“きしめん”となった」という説
・「紀州の者が作った“紀州麺”(きしゅうめん)から“きしめん”となった」という説
・「キジの肉をめんの具にして藩主に献上した“雉麺”から」という説

などの説があります。


▲ページの
トップへ