お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月18日は冷凍食品の日

2020年10月18日

冷凍食品の販売促進のために、社団法人 日本冷凍食品協会が1985(昭和60)年に10月18日を「冷凍食品の日」に制定しました。

日付は、冷凍の「とう(10)」と、18日は、国際的に、-18℃以下に保てば冷凍食品の品質を1年間維持できるとされていることから、10月18日になりました。

同協会では、この日を中心に新聞広告などで広く周知を図ると共に、2009(平成21)年度からはトークショーや冷凍食品を使ったアイデア料理の試食会も実施しています。

冷凍食品とは、長期保存を目的に冷凍状態で製造・流通・販売されている食品をいいます。既に調理済みないしは下ごしらえ済みであり、消費者の手間は解凍・加熱のみであるため、調理の省力化に役立つことから、飲食店から一般家庭まで広く普及しています。 また、冷凍時に急速冷凍することで食品の鮮度を保つように配慮されており、長期間、いつでも新鮮な状態を味わうことが可能です。

この冷凍食品の歴史については、1900年代にアメリカ合衆国において、あまり日持ちのしないジャム加工用のイチゴを輸送に適するために冷凍にしたのが始まりだと言われています。もちろん当時は家庭用冷凍冷蔵庫もなく、一般家庭に広まるのは冷凍冷蔵庫が普及し始めた1920年代以降となりますが、当初は果物などを保存しておくためのものでした。

日本における冷凍食品事業の始まりは、1920(大正9)年北海道森町に、葛原猪平により本格的な冷蔵倉庫としては日本初となる森冷凍工場(後に葛原冷蔵となり、現在のニチレイ)を建設したことによります。
日本で初めて市販された冷凍食品は、1930(昭和5)年に戸畑冷蔵が発売した「イチゴシャーベー」(冷凍いちご)で、ジャムへの加工を目的としたアメリカのものとはちがい、イチゴそのものを味わう商品でと名づけられて市販されました。

第二次世界大戦後、1964(昭和39)年の東京オリンピックを機に、冷凍食品に適した解凍、調理法が研究され、外食産業分野で利用が始まりました。1970年代には、小型から大型の冷凍冷蔵庫や電子レンジの普及、セントラルキッチン方式のファミリーレストランチェーンの拡大により、業務用ともに大きな伸びを示すようになりました。
また1980年代以降には電子レンジの低価格化に伴う家庭への普及があり、同時に家庭用の冷凍食品も広く受け入れられるようになりました。特に1990年代からは、電子レンジでも焼いたような焼き焦げまで付けられる解凍技術も発達したことから、従来はオーブンレンジで解凍しないと美味しくないとされていたピザやグラタンなどの焼き物料理も多様化しました。


▲ページの
トップへ