お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月14日は焼うどんの日

2020年10月14日

焼うどん発祥の地の福岡県北九州市小倉で、まちおこしの活動をしている小倉焼うどん研究所が、小倉の焼うどんを全国に広め、その歴史、地域に根ざした食文化を理解してもらおうと、10月14日を「焼うどんの日」に制定しました。

日付は、2002(平成14)年10月14日に、静岡県富士宮市の「富士宮やきそば学会」との対決イベント「焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~」を行い、北九州市小倉が焼うどん発祥の地として有名になったことから、この日になりました。

焼うどんは、焼きそばと同様にうどんを肉や野菜等の具材と共に炒め、調味料で味をつけた日本の料理です。 その調理法は焼きそばと同じであり、ソースを使ったり、醤油や、塩コショウを味付けに使います。

焼うどんの発祥については下記のような諸説あり、

・1945(昭和20)年:小倉市魚町(後の北九州市小倉北区)のだるま堂にて焼きそばのそば玉の代わりに干しうどんが用いられる
・1984(昭和59)年:東洋水産が北海道限定でカップ麺の焼きうどんを発売
・20011(平成13)年:「焼きうどんバトル」
・2004(平成14)年:ローソンが九州・下関地区限定で焼きうどんを発売

などの説があります。


▲ページの
トップへ