お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

10月2日はとんこつラーメンの日

2020年10月2日

福岡県久留米市の「久留米ラーメン会」が、今や世界に広がる「とんこつラーメン」の発祥の地である久留米の認知度を上げ、「とんこつラーメン」を地元で味わってもらうことが目的に、2015(平成27)年に10月2日を「とんこつラーメンの日」に制定しました。

日付は「とん(10)こつ(2)」の語呂合わせです。

とんこつラーメンは、豚骨で取ったダシでスープを作ったラーメンのことです。醤油、塩、味噌ラーメンは「タレ」の名称で呼ばれていることに対して、豚骨ラーメンだけは「ダシ」の名称で呼ばれていることも大きな違いです。
味付けや色合いは店によって千差万別だが、基本的には豚骨主体の乳白色のスープと極細ストレート麺が特徴で、豚骨を強火で沸騰させるため、骨のゼラチンなどが溶け出し濁ったスープになります。
麺が細い理由は、麺とスープがよく絡むようにするためと、深夜・早朝に多忙で時間的余裕のない市場関係者に対し、極めて短時間で麺を茹で、入店後即提供出来るようにするためだといわれています。

とんこつラーメンの発祥については、1937(昭和12)年、久留米で今も営業している「南京千両」の初代の宮本時男さんが、出身地である長崎県の「長崎ちゃんぽんの豚骨ベースのスープ」と当時横浜で流行っていた「支那竹入りの支那そば」にヒントを得て考案したとされています。.


▲ページの
トップへ