お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

9月18日はかいわれ大根の日

2020年9月18日

無農薬の健康野菜であるかいわれ大根をもっと親しんでもらうことを目的に、日本かいわれ協会(現・日本スプラウト協会)が1986(昭和61)年9月の第1回総会で9月18日を「かいわれ大根の日」と制定しました。

日付は、第1回総会が9月に開かれたことと、8の数字を横にして1を立てるとかいわれ大根の双葉の形(竹とんぼ型)に似ていることから、9月18日になりました。

かいわれ大根は、ダイコンの発芽直後の胚軸と子葉を食用とするスプラウト食材で、 生のままサラダ、丼物や味噌汁などの彩りとして用いられることが多いです。
そして、シャキシャキした食感と、ピリッとした辛味が持ち味で、栄養面でも優れており、また、水耕栽培で季節を問わず安定して作ることが出来る野菜です。

このかいわれ大根の歴史は古く、平安時代の『和名類聚鈔』(和名抄)の「菜羹類」で黄菜(おうさい)としてカイワレダイコン(ノダイコンの若芽)が記述されていて、これは「さわやけ」とも呼ばれ『宇津保物語』でも「さわやけの汁」と使われています。


▲ページの
トップへ