お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

9月19日は苗字の日

2020年9月19日

1870(明治3)年の今日(9月19日)、戸籍整理による近代化を重視するため「平成苗字許可令」という太政官布告によって、貴族や武士だけでなく一般平民も公に苗字を名乗ることが許可されました

しかし、当時の国民はまだ明治政府を信用しておらず、税金を徴収するために苗字を付けられるのだと警戒したため、なかなか苗字を名乗ろうとはしませんでした。

苗字は、家(家系、家族)の名のことで、法律上は氏と呼ばれます(民法750条、790条など)。

日本での苗字は、元々、「名字(なあざな)」と呼ばれ、中国から日本に入ってきた「字(あざな)」の一種であったと思われています。

そして、日本での名字の数は、たとえば「斎藤」と「斉藤」を別として数え、たとえば「河野」の読み方を「こうの」と「かわの」で区別して別に数えるなどという方法をとれば、一説には「20万種にも達する」などとも言われるていて、世界的に見ても多いほうです。何故多いかと言うと、日本人は他国・他地域の人々と比べて「同族」という意識よりも「家」の意識を重要視したので、同族であってもあえて名字を変えて「家」を明確にしたり、地名を用いて「家」を明らかにしたりしたことも理由のひとつです。
また、明治時代の明治新政府が、国民に名字を持つことを義務付け、その結果、庶民はそれまでもともと通称として持っていた名字をその機会に名乗ったり、またそれまでの名字を変えて名乗ったりしたので、明治時代に一気に名字の数が増えた、ということもあります。


▲ページの
トップへ