お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

8月23日はコイケヤポテトチップスの日

2020年8月23日

1962(昭和37)年の今日(8月23日)、日本人の味覚にマッチしたオリジナルのポテトチップスである「コイケヤポテトチップスのり塩」が発売されました。

このことを記念して、株式会社湖池屋が発売50周年にあたる2012(平成24)年に、発売日の8月23日を「コイケヤポテトチップスの日」に制定しました。

ポテトチップスは、1853年にジョージ・クラムというコックの手によって偶然生まれたのでした。
上流階級が集まるアメリカのニューヨーク州にあるサラトガ・スプリングスのホテルで、お客様にフライドポテトを提供していたところ、あるお客様から、「フライドポテトがあまりにも厚すぎる」というクレームがありました。自慢の料理にケチをつけられたコックのジョージ・クラムは、「自分の料理の腕のほどをみせてやろう!」と、とことんジャガイモを薄くスライスし油で揚げて、お客様に出したところ、これが大好評で、評判はたちまち広まり、ジョージ・クラムはその後独立して、ポテトチップス屋まで作ってしまったそうです。 このように、ポテトチップスは、お客様のクレームから生まれたのです。

ところで、湖池屋は創業当初はポテトチップスではなく、「お好み揚げ」等のおつまみ菓子を製造販売していました。
そして、同社の創業者である小池和夫が仕事仲間と飲みに行ったお店で初めてポテトチップスを口にした小池は「こんなおいしいものが世の中にあったのか」と感動し、これを多くの人に広めたいと考えたのでした。
そして開発に着手したものの、当初は、おいしいポテトチップスを作るためのノウハウがなく、出来上がりが良かったり悪かったりで、品質が安定せず、原料、生産方法、味付けなど、あらゆる面で研究・開発を行い、試行錯誤の連続でした。
当時はポテトチップスに「塩」をふりかけた「塩味」が主流でしたが、「せっかく日本でポテトチップスを作るのだから、日本人になじみのある味」にしよう!と工夫し、研究を重ね、ポテトチップスに合う味として「のり塩」を開発、1962年「湖池屋ポテトチップス のり塩」を発売したのでした。


▲ページの
トップへ