お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

8月9日はかばんの日

2020年8月9日

日本製のかばんの優れた品質、かばん作りの高い技術力、素材の良さ、安心感などを広く知ってもらうとともに、かばん産業の振興、発展が目的として、一般社団法人 日本かばん協会(JLA)が2013(平成25)年に8月9日を「かばんの日」に制定しました。

日付は「バッ(8)グ(9)」の語呂合わせです。

かばん(鞄)は、荷物の運搬を目的とした取っ手がついた主として革や布でできた袋状の服飾雑貨のことです。そして、かばんには、ヒトが持ったり体に密着させたりするための1本か2本の取っ手やショルダーストラップ(肩掛け)が付いています。
また最近では、ベスト型の着る感覚の鞄も開発が進められている。袋の口はジッパーやボタン(口金式)、紐、あるいは折りたたんで封ができるものが多く、旅行用鞄やアタッシェケースは施錠ができます。

ちなみに、日本に革鞄が導入されたのは、一説には、フランスに滞在していた商人山城屋和助が1893(明治6)年に持ち帰り、職長森田七が模倣して作ったのが初めてと言われています。

なお、かばんは、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがあります。


▲ページの
トップへ