お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

熱中症1週間の救急搬送者数、前週比2.3倍に – 総務省消防庁が20-26日の速報値公表!

2020年7月29日

総務省消防庁は7月28日、熱中症の1週間の救急搬送状況(20~26日)の速報値を公表しました。救急搬送者数は前週比約2.3倍の3073人で、2週連続で増加し、初診時の傷病程度別では、死者が5人、重症が67人いました。

都道府県別の搬送者数は、大阪が292人で最も多く、以下は愛知(244人)、兵庫(164人)、埼玉(137人)、東京(136人)、福岡(116人)、京都(104人)、神奈川(103人9、鹿児島8100人)、宮崎(87人)などの順でした。

年齢別では、65歳以上の高齢者(1836人)が全体の約6割を占めました。また、熱中症の発生場所に関しては、住居(1162人)が最も多かった。


▲ページの
トップへ