お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

8月2日はカレーうどんの日

2020年8月2日

食全体における「カレーうどん」の地位の向上を目指して「カレーうどん100年革新プロジェクト」チームが、1910年(明治43年)に東京目黒の蕎麦屋「朝松庵」が提供し、全国にカレーうどんが浸透してから100周年となる2010(平成22)年に、8月2日を「カレーうどんの日」に制定しました。

日付は6月2日が「カレーの日」、7月2日が「うどんの日」であることから、8月2日になりました。

カレーうどんは、だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたものや、だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたもの、あるいは茹でた麺にカレーライス用のカレーを直接ないし温かい麺つゆとともにかけたものなど多彩ですが、全国的に一般的なものは、鰹節など、うどん全般に使用される和風だしのつゆをベースに、カレー粉を溶き、片栗粉でとろみをつけたスープをうどんにかけたものが多いです。

日本で初めてカレーうどんがお目見えしたのは、1904(明治37年)頃、東京・早稲田の老舗のお蕎麦屋さん「三朝庵」で、店の存続のために洋食と和食を融合したカレーうどんの開発をしたのでした。そして、1935(昭和10)年ごろはカレーライスより盛んに食べられており、各社から「南蛮カレー粉」が発売されていました。


▲ページの
トップへ