お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

7月6日はワクチンの日

2020年7月6日

1885年の今日(7月6日)、近代ワクチンの父であるフランス人科学者ルイ・パスツール博士が開発した近代ワクチン(狂犬病ワクチン)が、9歳の少年ジョセフ・マイスター君に接種されました

このことにちなんで、医療技術の世界的企業BectonDickinson社(アメリカ)の日本法人である日本ベクトン・ディッキンソン株式会社が、ワクチンの大切さを多くの人に知ってもらううために、7月6日を「ワクチンの日」に制定しました。

ワクチンは、感染症の予防に用いる医薬品で、病原体から作られた無毒化あるいは弱毒化された抗原を投与することで、体内の病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得します。

このワクチンという名称は、ラテン語のVacca(雌牛)に由来し、世界初のワクチンである天然痘ワクチンが雌牛から取られたため、この名がつけられました。


▲ページの
トップへ