お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

6月21日はえびフライの日

2020年6月21日

香川県三豊市に本社を置き、各種の冷凍食品の製造販売を手がけ、全国の量販店・コンビニ・外食産業などに流通させている株式会社「味のちぬや」が、多くの人が大好きなえびフライの記念日をきっかけにしておいしいえびフライをもっと食べてもらおうと、6月21日を「えびフライの日」に制定しました。

日付は、曲がったえびの形が6に見えることと、「フ(2)ライ(1)」の語呂合わせです。

えびフライは、海老をカツの手法によって、多量の食用油で揚げて作る日本発祥の代表的な洋食料理で、キャベツ、キュウリ、トマトなどの野菜が添えて出されることが多く、多くの場合、タルタルソースやウスターソースなどをつけて食べます。
そして、現在はお店で食べるだけでなく、簡単に調理が出来る冷凍食品も多く販売されており、お弁当のおかずなどとしても利用されています。

えびフライの発祥については諸説あり、1900(明治33)年に東京銀座の洋食屋「煉瓦亭」で豚カツ・メンチカツが人気を博したことから着想を得て、同様のフライ料理(カツ料理)として考案された説、明治時代にカツレツと天ぷらから考案されたとする説、西洋料理の魚のフライと、江戸料理のてんぷらが結びついてできたとする説などがあります。

 


▲ページの
トップへ