お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

6月18日はおにぎりの日

2020年6月18日

1987(昭和62)年11月に能登半島の中央部に位置する石川県鹿西町(ろくせいまち=現・中能登町)の杉谷チャノバタケ遺跡(竪穴式住居跡)から、握り飯と思われる石ころほどの炭火した米の塊が出土しましたが、これが弥生時代中期の「日本最古のおにぎりの化石」とされています。

このことから、鹿西町がおにぎりの里としての町興しの為に、2002(平成14)年に6月18日を「おにぎりの日」と定めました。

日付は、鹿西町の「ろく(6)」と毎月18日の「米食の日」から6月18日が選ばれました。

おにぎりは、ご飯を三角形・俵形・球状などに加圧成型した食べ物で、通常は掌に載る程度の大きさに作ります。そして、保存性・携行性に優れており、手づかみで食べられることから、日本で古くから今日に至るまで携行食や弁当として重宝されています。

おにぎりは、元々は残り飯の保存や携行食として発達しましたが、その後は常食としてのおにぎりが主流となり、現代ではコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも販売されているだけでなく、携行する必要がない居酒屋や定食屋でも提供されるほど、日本の食文化に定着しています。
また、日本のコンビニエンスストアや外食・中食店の海外進出、日本滞在経験を持つ外国人の増加に伴い、世界各国でおにぎりが販売されるようになっています。

おにぎりの形については、三角型、丸型(円盤型)、俵型、丸型(球型)の4つが主要な型とされており、握りやすいので三角型が一般的です。

三角型:高さが低い三角柱。握りやすいので一般的である。関東地方発祥と言われ、山型ににぎった頂点に神が宿ると信じられために、三角になったとの説もあります。コンビニエンスストアで販売されているおにぎりの主流の形状です。
俵 型 :円柱形のため弁当箱に収まりやすく幕の内弁当で用いられ、かつては関西の標準型でした。
円盤型:主に東北地方で見られ、ゴーダチーズや鏡餅のような形です。
球 型:九州地方に多いですが、日本全国に分布しています。

おむすび(おにぎり)に入れる具については、白飯と相性が良くて、味の濃い物(防腐の意味もある)が多く、中央に埋め込まれるのが一般的です。
そして2014(平成26)年の日本での調査では、好きな具は、鮭・梅・明太子・ツナ・昆布・たらこ・その他・かつお・高菜の順でした。
ちなみに、コンビニでおにぎりを温めてもらう人の割合は日本全国の平均では約25%ですが、北海道・東北地方・北関東(茨城県・栃木県・群馬県)では約40~60%、沖縄県では75%に上ります。

おにぎりの包みには大抵は海苔が使われますが、東日本では焼き海苔を巻いて風味を味わう傾向ですが、西日本では味付海苔を巻いて味わう傾向にあります。


▲ページの
トップへ