お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

子どもの人口20万人減、39年連続で減少!

2020年5月5日

総務省は、5月5日の「こどもの日」に合わせて15歳未満の子供の推計人口(4月1日現在)を発表しました。前年より20万人少ない1512万人で、39年連続の減少となりました。総人口(1億2596万人)に占める割合は0・1ポイント減の12・0%で46年連続で低下し、現在の調査方法となった1950(昭和45)年以降で人数、割合ともに最少を更新しました。

内訳は、男子が774万人、女子は738万人で、男女ともに前年比10万人減でした。3歳ごとの年齢区分では、0~2歳が275万人で最も少なく、最も多いのは、12~14歳で321万人でした。

都道府県別の子供の人口を見ると、東京だけが前年比で増加し、総数155万人で3000人増となりました。人口に占める割合(昨年10月1日現在)では、最も高いのが沖縄の16・9%で、滋賀(13・8%)、佐賀(13・5%)と続き、最も低かったのは秋田の9・8%でした。


▲ページの
トップへ