お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

関西空港への特急「はるか」「ラピート」5~7割減便!

2020年4月21日

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、JR西日本と南海電鉄は4月20日、関空の利用客数の低迷を踏まえ、関西国際空港にそれぞれ乗り入れている特急電車について、24日から約5~7割を減便すると発表しました。

JR西日本が減便するのは、米原―関西空港間を結ぶ特急「はるかで、1日当たりの上下線の運行本数を60本から、32本に減らします。また、山陽新幹線の全ての臨時列車を、24日から運休することも発表されました。

一方、南海は南海難波―関西空港間の特急「ラピート」(1日当たりの上下線計66本)について、平日は32本、土曜・休日は18本までそれぞれ削減します。同社によると、関西空港駅の利用客は3月、定期券の乗客を除いて前年同月比70%減になっています。


▲ページの
トップへ