お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

4月23日は消防車の日

2020年4月23日

日本の消防車の5割を生産する株式会社モリタ(現・株式会社モリタホールディングス)が4月23日を「消防車の日」に制定しました。

日付は、同社が創立したのが1907(明治40)年の今日(4月23日)だったことから、この日になりました。

消防車は、火災その他災害に際してその鎮圧や防御を行う際に使用される特殊な装備を持つ自動車です。自動車のない時代から消防車は存在し、馬車や人力車が用いられていました。
日本では、1951(昭和26)年制定の道路運送車両法保安基準第49条第2項によって、消防自動車は朱色であることが法律上定められました。これは1911(明治44)年に大阪市が輸入した消防車が赤色であったためです。

消防車は主に、各地の消防本部や消防団で保有している他、化学工業系の企業、空港、石油化学コンビナートなど危険物保有施設に置かれる自衛消防組織、自衛防災組織、原子力防災組織が保有しています。


▲ページの
トップへ