お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

4月22日は道の駅の日

2020年4月22日

道の駅制度が開始されてから全国の「道の駅」は1000駅を超え、地域の窓口として、地域活性化の拠点としてなどさまざまに活躍していますが、記念日を制定することで「道の駅」間の連携強化や各駅の販売促進、さらなる活気を呼び込もうと、「道の駅」に関する情報交換、相互連携などを行い「道の駅」の質とサービスの向上に努める一般社団法人 全国道の駅連絡会が4月22日を「道の駅の日」に制定しました。

日付は、建設省(現・国土交通省)より、103か所の「道の駅」が第一回登録されたのが1993(平成5)年4月22日だったことから、この日になりました。

「道の駅」は、日本の各地方自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、商業施設や休憩・宿泊施設、地域振興施設等が一体となった道路施設です。

高速道路には24時間自由に利用できる休憩所であるサービスエリア (SA) やパーキングエリア (PA) が整備されてきましたが、一般道にはそうした休憩所はほとんどありませんでした。
「道の駅」の制度が創設された背景には、一般道路にも誰もが24時間自由に利用できる休憩施設が長らく求められていたことや、その休憩施設をドライバーたちのためだけのものではなく、その地域の文化・名所・特産物などを活用したサービスを提供し、道路利用者や地域の人々の情報交流や、地域連携と活力ある地域づくりを促進し、その地域の活性化をはかりたいという双方のニーズが相まって誕生しました。 そして、道の駅は、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持ち、2020(令和2)年3月13日付時点の全国登録数は、1,173箇所あります。

ちなみに、道の駅は、24時間利用可能な一定数の駐車スペース、トイレ24時間利用可能な電話情報提供施設を備えた施設であることが登録の条件となっています。 また、多くの場合、道路や地域の情報を提供する案内所が置かれ、その他、その地域の自主的工夫のなされた施設が設置され、その地域の文化・名所・特産物などを活用した農産物直売所、売店、レストランなどのサービスが提供されています。


▲ページの
トップへ