お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

仕送り月額8万5300円 首都圏私大生、減少傾向続く!

2020年4月5日

2019年度に首都圏の私立大に入学した下宿生に対する平均の仕送り月額は8万5300円だったことが4月3日、東京地区私立大学教職員組合連合の調査で分かりました。 前年度比では2200円増ですが、比較可能な1986年度以降、過去2番目の低水準で減少傾向が続きました。
この調査は19年5~7月、6都県(茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川)の14大学に入った新入生の保護者を対象に実施し、4396件の有効回答を得ました。

出費が落ち着く6月以降の平均仕送りは月額8万5300円で、ピークだった94年度の12万4900円から31.7%減少しました。平均仕送り額から家賃を除いた生活費は2万1900円で、1日当たりは730円になり、過去最低だった前年度の677円に次いで低かった。
また、入学関連の費用を借入金で賄った家庭は17.3%で、平均借入額は194万円でした。


▲ページの
トップへ