お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

3月4日はバウムクーヘンの日

2020年3月4日

1919(大正8)年の今日(3月4日)、洋菓子メーカー・株式会社ユーハイムの創始者であるドイツ人のカール・ユーハイムが、広島県物産陳列所(後の原爆ドーム)で開催された似島収容所捕虜製作品展覧会において、日本で初めてバウムクーヘンを焼きあげて販売しました。

このことを記念して株式会社ユーハイムが2010(平成22)年に、3月4日を「バウムクーヘンの日」に制定しました。

第一次世界大戦中による敗戦国の捕虜として来日したドイツ人の菓子職人カール・ユーハイムは、終戦後も日本に留まって兵庫県神戸市で株式会社ユーハイムの前身である喫茶店「JUCHHEIM’S」を開き、当時はピラミッドケーキという名前で販売していて、1960年代からバウムクーヘンの名で知られるようになりました。

バウムクーヘンは、中心にドーナツ状の穴があり、断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキで、その年輪のような形状から日本ではめでたい贈答品の一つとして好まれ、結婚式や祝い事の引き出物として使われることが多いです。


▲ページの
トップへ