お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

1月13日は咸臨丸出港記念日

2019年1月13日

1858(安政5)年6月19日に日本(江戸幕府)とアメリカとの間で日米修好通商条約が締結されましたが、その第14条にワシントンにおいて批准書を交換することが明記されていたことから、日米修好通商条約の批准書交換のため、江戸幕府が新見豊前守正興を正使とする77人の使節団をアメリカに派遣することになりました。 遣米使節団は、アメリカの軍艦ボーハタン号に乗艦して渡米することになりましたが、その護衛の名目で随伴艦に選ばれたのが「咸臨丸」でした。

この時の咸臨丸の艦長は勝海舟、提督を務めたのが軍艦奉行の木村摂津守喜毅で、士官・水夫併せて総勢96人の日本人と米海軍ジョン・ブルック大尉以下11人の米国人が乗り組みましたが、その日本人の乗組員の中に福沢諭吉や中浜万次郎(後のジョン万次郎)もいました。 そして、1860(万永元・安政7)年の今日(1月13日)、咸臨丸は浦賀を出港してサンフランシスコに向かいました

(咸臨丸とは)

咸臨丸(かんりんまる)とは、幕末期に江戸幕府が保有していた軍艦です。
黒船の来航に驚いた江戸幕府が10万ドルでオランダに発注し、1855(安政2)年7月にホップ・スミット造船所で起工、1857(安政4)年3月に完成しました。 その後、この船はオランダ人のファン・カッテンダイケの指揮で、同年8月に長崎に到着して幕府に引き渡されました。

長さ48.8m・幅8.74m・排水量625トン・最大速度6ノット、3本マストに100馬力の蒸気機関を備えた木造の蒸気帆船で、12門の備砲も装備していました。 当時の蒸気船といえば、船体の両側で水車を回して走る外輪船が普通だったのですが、咸臨丸はスクリュー推進の蒸気エンジンを装備するとともに、バーク型の帆装を備えており、汽船と帆走を併走できるようになっていた最新式の軍艦でした。


▲ページの
トップへ